西表をほりおこす会 About us

 1974年、安渓遊地(あんけい・ゆうじ)は、初めて日本列島最南端の八重山に属する西表島を訪れました。これ以後、西表島の人と自然の研究を、妻の安渓貴子とともにおこなうようになりました。「西表をほりおこす会」の石垣金星会長とともに、その後45年間にわたる地域研究を継続してきました。今回は、島の生物文化多様性と膨大な地名についての資料を公開することにしました。2018年度の文科省科学研究費補助金・成果公開(データベース)の支援を得て、一般公開することになったものです。

 In 1974, ANKEI Yuji and Takako began studying human-nature relationship in Iriomote Island, Yaeyama, southernmost islands of the Ryukyus. Collaborating with Mr. Ishigaki Kinsei, the chair of the Iriomote Island Heritage Team, we continued studying Iriomote for more than four decades. Granted by Kakenhi of MEXT, Japan for the fiscal year of 2018, we managed to compile the data as a multimedia cloud database.

© 2019 Iriomote Island Heritage Team.  Created with Wix.com
Granted by Kakenhi Nos. 19520707 & 18HP8009, JSPS-MEXT, Japan.

  • データベース本体 Main database @airtable
  • 西表島の地名 Iriomote place names
  • 生物文化多様性研究所 ANKEI Yuji
  • 金星人の西表通信 ISHIGAKI Kinsei
  • 西表をほりおこす会
スクリーンショット 2019-05-13 12.36.40.png
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now